英語学習がとにかく続かない人必見!1日15分で効果を出せた「ゴガクル」活用術

2fcc10d6c265f5a9f8461396f3bddfff_s

Sponsored Link

こんにちは。一ノ瀬ねむです。

私は、英語勉強のやり直しをしています。
元々英語は好きでしたが、しょせん受験英語。英語を話すことはできませんでした

「実践的に英語を使えるようになりたい」と夢見るものの、英会話スクールへ通ったり留学をする余裕はありません。

お金と時間をかけずに効率良く英語学習をする方法を見つける為に、今まで色々な教材や学習方法を試してきました。

その中で、一番自分に合う学習法に出会う事ができました。

NHKの語学学習サイト「ゴガクル」です。

「ゴガクル」を利用してみて、魅力的だと感じた5つのポイント

  1. NHKの語学講座を統一して学習できる
    • 秀逸な内容であると評価が高い事で知られるNHKの語学講座を、一つのサイトでまとめて学習できる。
    • 初級から上級まですべてのフレーズの中から、キーワード検索ができる。
  2. ネイティブの発音で何度でもフレーズを確認できる
    • 学習するフレーズの発音を何度でも再生できる。
    • 最初に聞いて次に発声練習をする事で、日本人に足りないと言われているリスニングとスピーキングを同時に学習できる。
  3. 自分だけのフレーズ集を作ることができる
    • 「挨拶」や「会議」など、習得したいと思うシチュエーション別に、自分用のフレーズ集を作る事ができる。
    • 自分が覚えやすいようにタグをつけて管理できる。
  4. 番組で紹介されたフレーズが増え続けるアーカイブ機能
    • 放送中のフォローアップだけでなく、過去に放送されたフレーズも揃っている。
    • 毎日放送される最新のNHKの語学講座の更新を追うだけで、教科書英語とは違う、生きた英語を学ぶ事ができる。
  5. 英語学習に特化したSNS機能
    • 会員登録(無料)をすると、作成したアカウント同士でフォローし合う事ができる。
    • 「おぼえた日記」に「いいね」がついたり、コメントをもらえるのでモチベーションを維持できる。
    • FacebookやTwitterと違い、話題が英語中心なので、共に英語学習に取り組んでいるフォロワーから刺激を得る事ができる。

1日15分で効果を出す事ができた「ゴガクル」の使い方

  1. 1カ月に覚えるフレーズ数の目標設定

  2. nemu③1   

    TOPページにあるマイページから、「目標設定」を選びます。
    10フレーズ~300フレーズの中から、1カ月の目標設定を選択します。

    最初から多いフレーズ数で設定せずに、慣れるまでは30フレーズ設定にしました。
    慣れてきてからは、100フレーズに設定をし、学習を進めました。

    今までは、新しい勉強法を取り入れても続かないのが悩みの種でしたが、目標を設定する事で、毎月必ず一定数以上のフレーズを覚えるくせがつきました

  3. 覚えたいフレーズを「お気に入り登録」
  4. nemu③2

    Sponsored Link

    TOPページにある「英語」タブをクリックし、「英語フレーズ・例文」を選ぶと、番組で紹介されたフレーズが新しい順に表示されます。
    一覧から、覚えたいフレーズにチェックを入れ、「お気に入り登録」します。

    語学講座を視聴した日は、番組で紹介されたフレーズをチェックし復習をしました。番組を視聴する時間がなかった場合は、覚えたいカテゴリからフレーズを選ぶようにしました。

    DSCF1196

    覚えるシチュエーションにかたよりが出ないように、フレーズ一覧からバランス良く選ぶことで、色々な場面に対応したフレーズを覚える事ができました

  5. 覚えたフレーズを「おぼえた日記」に記録
  6. おぼえた日記2

    マイページにある「おぼえた日記」を選び、学習言語を「英語」に設定し本文を入力します。
    勉強した内容や今日の出来事などを、自由に書く事ができます。

    1つフレーズを覚えたら、解説を簡単にまとめて「おぼえた日記」に入力するようにしました。

    「ゴガクル」の解説は、単語や述語の訳もすべて文章で書かれていて、見づらいので、一目で単語と述語がわかるように記入し、自分だけの学習記録帳として活用しました。

  7. テスト機能を利用して反復学習
  8. nemu③3_edited-1

    マイページのお気に入りフレーズ画面にある「テスト」を選び、テストの設定をします。

    時間がある時は20問にチャレンジ。
    覚えていないフレーズは出題され続けるため、繰り返し題を解く事により、確実に頭の中に入れていきました。

    「この場合はこう表現するのか」という事を何度も考え学習する事になるので、英語の文法に頭が慣れていく実感がありました。

    和訳・英訳・リスニングの中から、どれかひとつを選んで毎日テストしていると、勉強し直しはじめた頃は全く聞き取れなかった英文が、いつの間にか聞き取れるようになっていたのです。

まとめ

まったく英語を話す事ができなかったところからスタートし、2年経ちました。

現在では、子供英会話のネイティブの先生と積極的に会話をしたりしながら、英語に触れ楽しんでいます。
英語は、少し話せるようになると「もっと言いたい事を表現できるようになりたい」と思うようになりますね。
今後も、仕事の合間を縫って「ゴガクル」を活用しながら、効率的に英語学習を続けていこうと思います。

最初は「無料だから…♪」という軽い気持ちではじめた「ゴガクル」。

今では「ゴガクル」に英語力を育ててもらったとさえ感じています。

英語を学び直したいとお考えなら、ライフスタイルに「ゴガクル」を取り入れてみてはいかがでしょうか?

NHKの語学学習サイト「ゴガクル」

Sponsored Link

この記事を書いた人

一ノ瀬ねむ

一ノ瀬ねむ

心理士。メーカー勤務を経て、妊娠を機に退職。 その後、フリーのWebライターとして活動を開始する。 育児・仕事・家事の両立に日々奮闘する二児の母です。 「何歳になっても自分磨きは怠りたくない」がモットーです。

仕事と英語の勉強、両立に苦しんでいる人は多いと思います。

それでも英語を身に付けることで、仕事の幅も広がり新しい事にチャレンジできる可能性も出てくると思います。

例えば看護師さんが英語ができるようになると病院勤務とは一味違う仕事につくことができるようです。
続きはコチラの記事へ

サブコンテンツ

このページの先頭へ